スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【大反響 無料相談やっています!】


毎月10名限定で行っている
無料相談を受け付けています。

あと4名ほどで今月の
相談は終了させて
いただきます。

【こんな人は一声かけてください】

・現状変えたいけど、
 何をしたらいいか
 わからない人

・大学生活が物足りなく
 感じている人

・ビジネスに興味ある人

・サラリーマン以外の
 道に進みたい人

・同い年の遊んでる
 やつらと違う道に
 進みたい人


小さな悩み、聞きたいことでもいいので
気軽に申し込みしてみてください!

無料相談はこちら>>>

---------------------------------------------------


■発行責任者 : こまだ
■Facebook :駒田亘輝
■twitter : @nobutcs29258
■お問い合わせ:nobutcue29250822@gmail.com



Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

就職が本当に安定した生活を保障してくれるんですか?  



こまだです、

日は多くの人が求める
「安定した生活」の真実について語ります。

もしあなたが、

“本当に安定した生活を送りたい”

と思うのであれば最後まで読んでください。

まず、大抵の人は自分がやりたいことを
押し殺す理由として、
安定した生活を送りたいから仕方なく諦める。

というものがあります。

家族のため、

恋人のため、

自分のため、

世間体のため。

まずはっきり言っておきますが、

「就職して安定する」

という時代は終わりました。


いいえ、正確には
端から終わっています。

就職して安定した生活を
普通に送りたいという言葉は
置き換えれば…

「会社に依存したい。」

こう言っているのと同じことです。

自分がやりたいこと、
好きなことがそこにあるなら
それはやる価値があるでしょう。

しかし、あなたは安定があって尚且つ

「好きなことが出来ればいいなー」

と思っているんじゃありませんか?

そう、結局の所
安定を求めているんです。

さて…

人間の欲には、
5つの段階があると言われています。

それは…

①.生理的欲求
②.安全欲求
③.親和欲求
④.自我欲求
⑤.自己実現欲求


これを、
マズローの欲求5段階と呼びます。

①は、一次的欲求とも呼ばれ睡眠欲、
 食欲、排泄欲などがこれに当たります。

②は、衣住食に困らない、
 争いごともない安定的な生活、安全性を求めること。

③は、集団に属したり仲間がほしい、
 かまってほしいという欲です。

④は、他者から認められたい、
 独立した個人として評価されたいという欲です。

⑤は、自分の能力を最大限に生かし
 創造したい、成長したいという欲です。

恐らくあなたにも当てはまる部分があるはずです。

そして、この中でも今回私が取り上げているのは、
②の安全欲求です。

大抵の人はこれを満たすために
時間や労力など、自分の人生全て投げ売ります。

なぜでしょうか?

それは、日本の教育制度が、

『進学⇒就職』というルートを

辿るように仕向けているからです。

「なぜ勉強するの?」
「立派な大学に行って、いい会社に就職するためだよ。」


これは親から代々引き継いだ物であり
日本の文化の1つなんです。

では、なぜ日本はこのような
教育制度をとっているのでしょう?

それは、国にとって
そのほうが都合がいいからです。



ただ黙って、当たり前のように会社に就いて
会社に従い会社のために生きる。

こうしてくれた方がありがたいからです。

有名な金持ち父さん貧乏父さんでは
こんなことが言われています。

---------------------------------
いい大学へ行きいい会社に入るように教育されてきたのは、
そっちの方が国からしたら都合がいいんだ。だからキミの親も、
そのまた親もそういう教育をうけている。お金の稼ぎ方を知らないんだ。

従業員で働いてるうちは出世したら、
給料は増えるが労働時間も増える。上がった給料で本来いらないものを買いあさり、
以前のお金が足りない状態にもどってしまう。

お金は生きてる時にいくらでも稼ぐ事ができるが、
過ぎた時間は二度と帰ってこない。時間はお金より大事なんだ。

だからお金のために働いてはいけない。
お金にコントロールされる人生ではなく自分で人生をコントロールしなさい。

---------------------------------

これが真実です。

考えても見てください。

もし、就職したとして、あなたの会社がつぶれたら?
あなたが思った以上に辛い現場だったら?

あなたは辞めるしか在りません。
そうなったらあなたはどうするつもりなんですか?

恐らくこう言うのでしょう。

「確かにそうかもしれないけど、
 でも必ずしもそうなるわけじゃないし…」

 

そして、「なんとかなるだろう」

という曖昧な答えで会社に就職するんです。

さて、あなたが求めていたものはなんでしょうか?

安定した生活」ですよね?

果たして、「なんとかなるだろう」
という答えは本当に安定していますか?

あなたは会社がつぶれようがどうしようが
一生継続的に収益を上げ続け、

なんら問題無い安定した生活を
送れる自信がありますか?

就職することが悪いことだとは言いません。

しかし…

ただなんとなく就職することは
非常に危険です。


では、本当に安定した生活を送るには
どうしたらいいのか?

それは、1人で生き抜くための方法を知ることです。

少し前なら、就活するとき注意すべき点は
やりがいではなく、ステータスだ。

そんなことが言われていましたが…
そのステータスは
あなたの物ではなく、会社の物です。

あなたの魅力ではない。

これからの時代は、組織や団体に属して
組織の勢力を上げることよりも
あなた個人の力を鍛えなければ生きていけません。

私は今後遅かれ早かれ、
サラリーマンの時代は終わると思っています。

日本がなぜ経済的危機に陥っているのか、
なぜ不況に見舞われているのか。

あなたは、こんなことを
耳にしたことがありませんか?

グローバル社会

これからは、グローバルの時代だ。
英語が出来て当たり前の時代なんだ!

確かに、世界に繋がることはとても良いことです。

しかし、僕からすれば

「今の日本ごときが何を言っているんだ」

という話です。

今あらゆる会社の仕事が
海外の人に委託されています。

なぜなら、外国人に頼んだ方が
安いし早いからです。

それに比べてどうでしょう?

日本人の人件費は高いし、
仕事は遅いし能力もない。

ああ、そういえば日本では
こんな問題が起きていましたよね?

就職氷河期

能力があり、すぐにでも仕事が
出来る人でないと雇ってもらうことすらできない。

なぜだか分かりますね?

たいした準備もなく世界に進出するから、
世界に乗っ取られるんです。

しかし、まだ実感している人は少ないでしょう。

これからじわじわと日本のサラリーマンが
生き辛い時代が迫って来ることでしょう。

あなたを脅かすわけではありません。

寧ろ、事実さえ知ってしまえば、
これからいくらでも改善出来るんです。

もう一度言います。

これからは、
1人1人の個人が力を付けるべき時代なんです。

やりたいことをやるために、
安定を求めるために!

1人で生きる決意をしてください。

そして今回、1人で生きていく方法を
1つのレポートにまとめました。

詳しい内容はこちらをクリック

どうしても就職したい所があるのであれば、

「1人で生きていける」

というバックボーンを持った上で
就職してください。

それが、
安定した生活を送る最も確実な方法です。

それでは、今日も感想
コメントお待ちしてます!

nobu

少しでも為になったと感じたら
「ポチッ!」とお願いします♪


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


【大反響 無料相談やっています!】


毎月10名限定で行っている
無料相談を受け付けています。

あと4名ほどで今月の
相談は終了させて
いただきます。

【こんな人は一声かけてください】

・現状変えたいけど、
 何をしたらいいか
 わからない人

・大学生活が物足りなく
 感じている人

・ビジネスに興味ある人

・サラリーマン以外の
 道に進みたい人

・同い年の遊んでる
 やつらと違う道に
 進みたい人


小さな悩み、聞きたいことでもいいので
気軽に申し込みしてみてください!

無料相談はこちら>>>

---------------------------------------------------


■発行責任者 : こまだ
■Facebook :駒田亘輝
■twitter : @nobutcs29258
■お問い合わせ:nobutcue29250822@gmail.com



Posted on 2014/11/27 Thu. 15:08 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。